なた豆茶

こんにちは!
最近、歯を磨くと出血がひどく、困っていたところに、友人に進められたのがなた豆茶なんです。
何の知識もなく、ただ進められただけで飲んでいたので、色々と調べてみました。

なた豆とは何?

ナタ豆はマメ科の植物です。とても大きな植物で丈5メートル以上・豆も3センチ程度の大きさまでなります。刀のなたにサヤの形が似ていることからナタ豆と呼ばれています。1年草でありながら大変大きくなるナタ豆だけにその効果効能はばつぐんです。あまり一般的な豆とは言えませんが、福神漬の中の野菜の一つとして入っているのでほとんどの人が口にしたことはあるはずです。

どんな効果があるの?

口臭予防によいとされているので、ナタ豆の入った歯磨き粉を使用している方もいるでしょう。 ナタ豆茶とはナタ豆を使ったお茶ですが、こちらにも口臭予防効果はあります。ナタ豆に含まれているカナバニンという成分が効果を発揮するのです。 ただ口臭予防で有名になったのは最近のことです。カナニバンには膿を出してくれる効果・炎症を抑えてくれる効果があるため蓄膿症の薬として昔からナタ豆茶は使われていたのです。排膿効果が蓄膿症の鼻の横に溜まった膿だけでなく、歯周病・歯槽膿漏などで歯茎に溜まった膿も出してくれることが分かり、それらの病気が原因で発生する口臭を防ぐのに有効なお茶として広まっていったのです。カナバニンは他のお茶にはほとんど含まれておらずナタ豆茶独特のもの。そのため蓄膿症だけでなくお口のニオイが気になるという方はナタ豆茶を利用しましょう。 商品によっては飲みにくいものもありますが、飲みやすいタイプのものなら麦茶を更に香ばしくしたような味で、麦茶のような苦味や渋みはないので口の中がすっきりして毎日続けやすいです。 ナタ豆に含まれるのは排膿や口臭予防のカナニバンだけではありません。腎機能の働きを高めることでむくみや関節痛改善効果のある酵素ウレアーゼも含まれています。抗アレルギー成分・コンカナバリンAが花粉症やアレルギー症状の改善に役立ちます。 ミネラル分も豊富で、亜鉛やカリウム・マグネシウムの働きで免疫力向上・代謝促進・老廃物排出も促されます。血の巡りもよくなるので冷え性の改善にもよいのです。

ダイエットにもオススメ

ダイエット中の方もナタ豆茶を飲むといいのです。脂肪の吸収を遅らせてくれるサポニンが豊富です。食物繊維もたっぷり含まれており腸内環境改善・便秘改善効果からダイエットが効率的に行なえるのです。ダイエットをしているとどうしても食事の内容を制限することになります。最近では1食から数日間までさまざまなプチ断食・ファイティングダイエットと言うのもはやっています。断食中は固形物を取ることはできませんが水分は摂っても問題ありません。ただお水を飲むのではなくナタ豆茶を飲むことで、鉄分やポリフェノール・ビタミンなどダイエットをしているとどうしても不足しがちな栄養素も補給することができるのです。 ナタ豆茶の効果的な飲み方ですが、とにかく毎日大量にがぶがぶ飲むのがよいとは言えません。

効果的な飲み方

さまざまな効果効能を得るには毎日、多くても2杯にとどめ、それをずっと継続することの方が大切です。 ティーバッグ状態で売られているものを利用すれば手軽ですが、自宅で手に入るのであれば手作りしましょう。食用の白なたまめを使います。水洗いして30分ほど浸水させた後、皮をむいで天日干しで乾燥させ、フードプロセッサーやミキサーで細かく砕きます。それをフライパンで煎りつけるとできあがりです。豆類だからとそのままナタ豆の種子を食用にするのはやめましょう。有害な毒があり、嘔吐や下痢や腹痛を引き起こす危険性もあるのです。福神漬の場合は若いサヤを使っているため大丈夫なのですが素人が半端な知識で食事に使うのは辞めて置きましょう。 作ったなた豆茶はティーバッグに入れて小分けしておくと便利です。抽出したあとのものはお風呂に入れてなたまめ風呂にしたり、にきびなどの肌トラブルのある箇所にパッティングして炎症を防いで症状の回復を促進させるのもおすすめです。一度抽出すると冷蔵庫で2日か3日くらいで使い切ったほうがよいです。どうしても使い切れなかったものは無理して飲むことはありません。歯磨き後のうがいに水代わりに使用すればよいのです。口臭予防で使用する場合もうがいのときと同様、口の中にしばらく含み、かむようにしながら飲むほうが効果的です。 ナタ豆茶の成分はホットにしても冷たくても変わりません。季節に応じて飲みやすい温度で利用しましょう。ノンカフェインなので寝る前に飲むこともできます。ただ便秘改善効果があるので、お腹の調子の悪いときに飲むと更に悪化してしまう可能性も強いです。お腹の調子によって飲む量や抽出の濃さを調節して飲みましょう。 香ばしくておいしく、更に効果効能もたっぷりと魅力のある健康茶なので、普段の飲み物にぜひ取り入れるようにしましょう。

 

サイトマップ